時間帯で考えるFXのトレードプランを紹介します

アジア時間はボラティリティが収縮する

アジア時間とは、15:00までの時間帯になります。ニュージーランドのウエリントン市場がオープンして15:00までの間は取引量が少ないためボラティリティが収縮しています。ブレイクアウトが起きにくく、トレンドフォローのトレードは不向きな時間帯です。このアジア時間でトレードをするには、ライントレードがオススメです。ボラティリティが収縮しているという事は、些細なサポートラインやレジスタンスラインで反発し易い環境でもあるからです。

ロンドン時間は急に活発になる

15:00以降はロンドン時間と呼ばれ、ヨーロッパ市場がオープンするので急に値動きが活発になります。まず始めに相場に参加してくるのはドイツのフランクフルトの投資家です。その後にパリ、ロンドンと続いて参加してきます。15:00直後はイレギュラーな値動きをするので、価格が落ち着くまでは静観するのが無難です。この時間帯はブレイクしてもリトレースメントしない事が多々あるので、ブレイクの初動を狙った方が勝率は良くなります。

ニューヨーク時間のボラティリティは拡大する

21:00以降になるとアメリカのニューヨーク市場がオープンするため、ニューヨーク時間と呼ばれます。この時間帯の特徴はロンドン時間と被る点です。そのため流動性は最高潮に達し、ボラティリティは拡大します。トレードをするには最適な時間帯ですが、リスク管理を怠ると大きな損失も招きます。ボラティリティが拡大すると価格は波形を綺麗に刻む傾向があり、リトレースメントを待ってからエントリーすると、大きな利食いを狙う事ができます。

為替とは実際のモノを動かさず、小切手や銀行振り込みなどで、金融決済をすることです、東京で振込みして大阪の銀行で受け取るのもそれです、昔は江戸で米を預けて上方で証文を見せて米を受け取るのもそれです。