忙しくても、勉強のやり方を見直せば資格は取れる!

限られた時間の中で、計画を練る

社会人になると、学生の頃のように自由な時間が少なくなりますよね。特に、勉強時間はなかなか割くのが難しく、仕事の疲れで後回しにしがちです。モチベーションの維持のために、何か資格を取る前には必ず計画を立てましょう。ゴールを決めることで、仕事と同じように効率の良い勉強に結びつけることができます。また、1日にどれくらいの時間勉強すればいいのかという目安もつきます。このときに、1日あたりの負担を少なめに設定すると、長続きします。

何をどれだけやればいいのかを把握する

現在では、検索するだけでインターネット上に数多くの有力な情報があります。おすすめの参考書から、何をどれだけ勉強すれば合格圏内に入る知識がつくのかというノウハウも分かってきます。簡単な資格であればあるほど、参考書1冊や過去問だけを2~3回繰り返すだけで合格できます。そうなると、試験日までにやることが自ずと見えてきます。いつまでにどれをやればいいのかが分かると、日々の勉強も集中力がついて合格率が上がります。

優先順位と反復を意識する!

やはり、資格勉強にも優先順位が大切です。受験勉強と同じ感覚で、頻出問題はどれか、どこを覚えれば応用が効くのかがやり始めると分かってきます。まずはできなくても良いので、一度過去問を解いてみましょう。そうすることで、参考書を読んでいても過去問でどういう形式で出されるのかという観点から勉強するようになるので、合格に結びつきやすいです。いかに覚えるところを見抜き、そこを反復して覚えることができれば、忙しい社会に出ても何個も資格がとれるようになります。

中小企業診断士の講座を受講することで、独学で勉強するよりも効率的に学ぶことができるメリットがあります。