これで安心!?宅建試験を効率的に合格する方法はこれだ!

まずは宅建試験を分析する

多くの資格試験は効率的に勉強して、最小限の努力で合格したいものですよね。多くの方が社会人になった後に挑戦するものですから、仕事で疲れた後に勉強する時間は、極力短い方がいいですよね。宅建試験についても、合格率こそ毎年10パーセント台と狭き門ですが、勉強する前にしっかりと試験自体を分析すれば、勉強時間に無駄なく効率的に試験合格できます。宅建試験は、特に問題配分が明確ですから、事前にピンポイントで得点源を勉強することをお勧めします。

とにかく得点源を徹底勉強

宅建試験は、毎年50問が出題されます。そして35点程度が合格ラインとなります。つまり、7割程度の得点で合格できるわけです。ですから、効率よく合格する為には、全問正解を敢えて狙わずに、合格ラインを狙っていきます。その最たる方法が、試験の中でも、宅地建物取引業法の出題部分を徹底的に勉強する事です。宅建業法の出題は、50問中20問と最も多く、更に、例年過去問題からの出題がほとんどですので、まずは徹底的に、過去問を復習しましょう。

宅建業法を固めて次は関係法令

宅建業法の過去問を徹底的に復習すれば、本試験で20点は取れたも同然です。残り15問をどこで得点するかですが、基本的には民法以外の部分を勉強して得点することをおすすめします。民法の出題数はそれほど多くないにも関わらず、出題範囲が驚異的に幅広いので、合格に主眼をおいた勉強法では到底たちうちできません。つまり、敢えて民法の勉強は避け、それ以外の部分を勉強すれば、おのずと合格ラインの7割得点に近づくことでしょう。

宅地建物取引士の試験、通称宅建の資格は不動産関係をはじめ様々な職種に必要とされる資格です。宅建の講座は、独学よりも最近の傾向や変更部分に強くなれるため受かりやすいと言えるでしょう。