これで安心!?宅建試験を効率的に合格する方法はこれだ!

まずは宅建試験を分析する

多くの資格試験は効率的に勉強して、最小限の努力で合格したいものですよね。多くの方が社会人になった後に挑戦するものですから、仕事で疲れた後に勉強する時間は、極力短い方がいいですよね。宅建試験についても、合格率こそ毎年10パーセント台と狭き門ですが、勉強する前にしっかりと試験自体を分析すれば、勉強時間に無駄なく効率的に試験合格できます。宅建試験は、特に問題配分が明確ですから、事前にピンポイントで得点源を勉強することをお勧めします。

とにかく得点源を徹底勉強

宅建試験は、毎年50問が出題されます。そして35点程度が合格ラインとなります。つまり、7割程度の得点で合格できるわけです。ですから、効率よく合格する為には、全問正解を敢えて狙わずに、合格ラインを狙っていきます。その最たる方法が、試験の中でも、宅地建物取引業法の出題部分を徹底的に勉強する事です。宅建業法の出題は、50問中20問と最も多く、更に、例年過去問題からの出題がほとんどですので、まずは徹底的に、過去問を復習しましょう。

宅建業法を固めて次は関係法令

宅建業法の過去問を徹底的に復習すれば、本試験で20点は取れたも同然です。残り15問をどこで得点するかですが、基本的には民法以外の部分を勉強して得点することをおすすめします。民法の出題数はそれほど多くないにも関わらず、出題範囲が驚異的に幅広いので、合格に主眼をおいた勉強法では到底たちうちできません。つまり、敢えて民法の勉強は避け、それ以外の部分を勉強すれば、おのずと合格ラインの7割得点に近づくことでしょう。

宅地建物取引士の試験、通称宅建の資格は不動産関係をはじめ様々な職種に必要とされる資格です。宅建の講座は、独学よりも最近の傾向や変更部分に強くなれるため受かりやすいと言えるでしょう。

忙しくても、勉強のやり方を見直せば資格は取れる!

限られた時間の中で、計画を練る

社会人になると、学生の頃のように自由な時間が少なくなりますよね。特に、勉強時間はなかなか割くのが難しく、仕事の疲れで後回しにしがちです。モチベーションの維持のために、何か資格を取る前には必ず計画を立てましょう。ゴールを決めることで、仕事と同じように効率の良い勉強に結びつけることができます。また、1日にどれくらいの時間勉強すればいいのかという目安もつきます。このときに、1日あたりの負担を少なめに設定すると、長続きします。

何をどれだけやればいいのかを把握する

現在では、検索するだけでインターネット上に数多くの有力な情報があります。おすすめの参考書から、何をどれだけ勉強すれば合格圏内に入る知識がつくのかというノウハウも分かってきます。簡単な資格であればあるほど、参考書1冊や過去問だけを2~3回繰り返すだけで合格できます。そうなると、試験日までにやることが自ずと見えてきます。いつまでにどれをやればいいのかが分かると、日々の勉強も集中力がついて合格率が上がります。

優先順位と反復を意識する!

やはり、資格勉強にも優先順位が大切です。受験勉強と同じ感覚で、頻出問題はどれか、どこを覚えれば応用が効くのかがやり始めると分かってきます。まずはできなくても良いので、一度過去問を解いてみましょう。そうすることで、参考書を読んでいても過去問でどういう形式で出されるのかという観点から勉強するようになるので、合格に結びつきやすいです。いかに覚えるところを見抜き、そこを反復して覚えることができれば、忙しい社会に出ても何個も資格がとれるようになります。

中小企業診断士の講座を受講することで、独学で勉強するよりも効率的に学ぶことができるメリットがあります。

今も昔も堅い資格!簿記検定の勉強のしかた

一番ベター!専門学校に通学

資格受験で真っ先に浮かぶ学習方法が専門学校に通うという人が大半でしょう。教室には同じ資格を目指す同志がいてお互い切磋琢磨し合えるのは大きなメリットの1つです。わからないことがあればすぐに講師に質問が出来て疑問も引きずらずに済むのも良い点です。試験が近くなると模試を開催し、講師陣が出題予想してくれたりいいことばかりのようですが、通学に時間が割かれることや費用面が独学と比べて高額なのがデメリットと言えるでしょう。

通学と独学の中間地点!通信口座を受講

時間に追われる現代人にとってはニーズを満たすのが通信講座。空いた時間に自分のペースで専門学校と同じクオリティの授業をネットなどで受けることができます。疑問や質問もSkypeやメールなどで出来るため、独学の痒いところに手が届くのがありがたいです。通学と比べ、時間に融通が利くのが利点です。しかしやはりデメリットもあって、専門学校と同様に、受講料が独学に比べて高額であることと基本的には自分一人の受講となるため周りの受験生の様子がわからないことがあります。

まさに自分との闘い!独学で勉強

上の2つと違い、勉強の費用は最低限で済みます。必要なのは筆記用具や電卓と参考書のみです。時間もペースも自分の都合でやりたいときにやれるというメリットがあります。ただただストイックにやっていける人にはむいてるかもしれません。ただし、全ての情報収集は自分でしなければならないので試験対策なども上の2つに比べたら大変かもしれません。自分を信じひたすら過去問題をこなすという、ある意味のタフさが必須となってきます。

簿記の講座は資格学校の多くで開講しており、1級と2級に関しては独学では努力をしないと厳しいので通学や通信で学ぶと合格への道が開けるでしょう。

バイトの目的となることは!そのメリットとは

稼ぐことがバイトの目的になります

アルバイトでも何であろうと労働の最大の目的は確実に稼ぐことになります。ですから、アルバイトのチェイスとは、要するに職種であり、仕事内容でもありますが、給料の多寡でもあります。バイトの場合は時給であることが多いですが、日給である時もあります。兎に角、手取りでいくら貰うことができるのか、というのが大事な要素になります。これをよく比較して、バイト先を決めることが大事な点になり、人生にとって影響があるといえる項目です。

スキルが必要なアルバイト

アルバイトでも何かしらスキルが必要になる物があります。そうした仕事であれば、時給がとても高くなる可能性があります。それこそがお勧め出来ることになります。時給が高い仕事のほうが良いに決まっていますから、まずは自己分析をして出来るだけ生かせるスキルを見出すべきです。そうすれば、安心して働くことができるようになります。バイトはあくまで本業ではないこともありますが、そこから得られる要素も意外と沢山あります。

バイトから正規雇用になる

アルバイトからでも正規雇用になる、ということはよくあります。最低限の仕事は知っているわけですから、実はお勧め出来る正規社員を目指す方法になります。いくらでも正規登用あり、というところがあります。ですが、なかなか難しいことでもあります。最近は正規雇用を右肩下がりになっていますから、ハードルは高いといえます。しかし、不可能ではないのでとにかくバイトからでも始めて、人生設計をすることです。そこから始める人もいるわけです。

家庭教師のバイトは、教える生徒の成績に表れますのでやりがいのあるバイトです。しかし、自分の教え方次第という点では責任も重大です。

もうダメだ…借金が返せなくなってしまった時に考える3点

自己破産って自分でも出来るの?

失職、ギャンブル、収入にに見合わない浪費…借金をする経緯は人それぞれでょう。収入や貯金に対し、返済や出費が出来ているのならそれでいいのでしょうが、返済に追われてもう生活出来ないレベルまで達した場合は債務整理を行う必要があります。借入額や生活状況によっては一番重たい「自己破産」することもあるでしょう。個人でも出来る手続きですが、用意したり作成する書類が多くて煩雑なのと、場合によっては裁判所から指示があったりするのでその対応を考えると弁護士などの専門家に依頼するのがベターです。餅は餅屋なので通常ならばスムーズに手続きは進みます。

知らないうちに返しすぎ?過払い金とは

借金を返すために他のところから借金…いわゆる自転車操業の多重債務者がよく陥っているのが利息の払いすぎである「過払い金」の発生です。法定されている利息分と、実際の借入金の利息の差異分のことです。大体の金融会社は法定利息を上回る利息が設定されています。払いすぎていてた利息を法定利息に改めて計算することを引き直し計算といい、この算定方法によって生じた差額を取り戻すことが出来ます。ただ、相手も慈善事業ではなく、あくまで営利目的で貸しているので、借入から債務整理に入る迄の期間や、これまでの返済歴などを見て、全額返済が叶わない場合もあります。これを少しでも多く、かつ、トラブルなく取り戻したければ専門家に依頼するのがベストでしょう。

苦しいから破産するのに…弁護士費用どうすればいい?

借金で首が回らなくなった人がするのが「自己破産」。そんな状態なのに弁護士費用なんて払えるのかな…と不安になる方もいるでしょう。大半の専門家はその辺も理解しているので分割払いや成功報酬型を採っているところが多いです。また、破産後の生活再建に向けたり、反省の念を債権者や裁判所に示すために、返済を止めた状態での家計の回り方を家計簿として提出したり、弁護士費用の積み立てを指導する弁護士もいます。借金がなく正常化された家計ならば質素だが生活出来る、というアピールをしながら再建のチャンスの伺いを立てるものでしょう。今はお金がなくても、専門家は理解しています。費用の事は悩まずまず相談しましょう。

自己破産をする際に注意するべき点は、裁判所に申告漏れのあった借金は免責対象にならないという点と、一度も返済をしていない業者があると返済の意思なしと裁判所に思われる場合がある点です。

もったいない?専門学校を卒業してもフリーター

ゲームが好き!学んで深める

高校を卒業して、就職という道もあると思います。しかし、自分がやりたいことを更に極めていきたいと思えば、大学や専門学校へ進学するのが一般的だと思います。専門学校であれば、進学校でなくても、進学することは十分にできます。例えば、ゲームが好きということでゲームを作ったり研究したりする専門学校に進学したとします。そこで何を学んでいきたいか、学べるのか。ワクワクすると思います。それをしっかり調べて頭にイメージしていくことが大切です。

楽しい専門学校ライフ

専門学校は1~2年間通うことが一般的でしょう。その期間の中で充実したライフを送っていきたいですね。最初は不安になると思います。遠方からの進学ならなおさらですね。しかし、同じ学びをしたいと志していることもあり、意外と友達はできやすいものです。友達をたくさんつくって、楽しい学校生活を送りましょう。そして、学校での学びだけでなく、アルバイトをして交際費や生活費を稼ぐこともあると思います。それもまた醍醐味。アルバイトも大変ですが、楽しいものです。

趣味の領域からの脱却

専門学校へ進学して、学びを深めても、いざ就職となると、それを仕事にしていけるかという課題があります。仕事にいかしていきたい気持ちはあっても、働く道が多くはない。道はあるのに趣味で終わってしまう。学んだことと関係のない道に進むなど、学んだことを生活にいかせない方がなかにはいます。専門学校の学びもお金や時間、努力がたくさんあってのことです。趣味の領域で終わらせないようにすると、一生懸命にがんばった自分のためになりますね。

ゲームの専門学校とは、ゲームプログラマーやシステムプログラマーなどから、グラフィックデザイナーなどになるための学校となります。

カードローンの選び方について考える! お得に利用するために

金利は非常に重要 です

カードローンはどうしても手元にお金がない時にお金を準備することが出来るので非常に便利です。いくつもの会社が発行していますが、どこを選んでいいかわからない人もいますよね。まずは選ぶ基準をはっきりさせておきましょう。大事な部分はお金を融資額上限まで自由に引き出せたとしても、それは借りているお金だということです。つまり金利が発生してその分を上乗せして返済しなければいけないということです。どうすればいいか知りたいですよね。

カードローンの上限金利を知ること

総返済額を減らしていくには金利の上限を確認して契約することです。信用が低い場合はお金を貸してもらえたとしても上限が適用される可能性が高まります。この上限は18パーセントなのですが、各カードによって違ってくるのです。消費者金融系などの審査が比較的甘い所は貸し倒れのリスクを減らすために金利を高くしてカバーしようとするのです。銀行系は審査が厳しい分上限金利が低くなっているものが多いです。人気のカードローンは全て比較してみることが大事ですね。

利用を極めるとお得に使える

カードローンは金利の他にもお得になるサービスを行っているところがあります。例えば一定期間内に返済すれば金利が発生しないというものです。これならば元金を返すだけですから損をすることは無くなります。時間外や休日などに自分の口座から引き出す場合は手数料が発生してしまいますが、こういったカードローンなら手数料がないものもあるので損を全くしないのです。1つ1つは小さいことでも、長い目で見ればお得になりますよ。

カードローンの比較が手軽にできるサイトでは、業者によって異なるサービス内容を一覧で比較できるので、自分に合ったカードローンを見つけるために役立ちます。

いつでも学べる!通信制大学院へ通うススメ

通信制大学院ってなに?

通信制大学院とは、その名の通り修士課程を通信制で受けることができる大学院です。大学卒業資格を取得後、社会人になってから学びたいことがあったり、とりたい資格があったりする場合、働きながら学ぶのにとても便利です。学科も文系、理系、芸術系それぞれ多岐に渡って展開されており、気になる大学や研究分野を選ぶことが出来ます。通信のみの大学もありますが、多くはキャンパスのある大学が提供をしているため、必要に応じてスクーリングも可能です。

通信制大学院のメリット

通信制大学院のメリットは、何と言っても自分の都合のいい時間に研究をすることができるため、仕事をしながらや、家事や子育てをしながらでも学べるということです。仕事上、取得しておきたい資格が出来た、また子育て後、興味のある分野で就職したくなったなど、目的に応じて選ぶことが出来ます。また、大抵の場合、大学ほどお金がかからないこともおすすめポイントです。大学院へ在籍することで、新たな人間関係を育む事が出来るのも魅力ですね。

通信制大学院を受験するには

通信制大学院は、目的に合わせて探す事が大切です。ネットや学校案内を見て、情報を集めてみましょう。行きたい通信制大学院を見つけたら、受験資格と方法を確認します。専門的な学科によっては、大学卒業資格以外にも必要な資格やスキルがある場合があります。受験資格を確認したら、受験方法を確認しましょう。多くは大学受験のように選択式問題があるわけではなく、小論文や面接で決まります。研究をするために英語力が必要な場合も多いです。自分の目標を叶えるため、前向きに取り組んでいきましょう。

通信制大学院は学習がしやすい環境です。働きながら勉強をする社会人の方や、ダブルワークで勉強をする方もいます。

クリエイター志望ならゲームの専門学校でゲームクリエイターへ!

クリエイターになるための指導してくれる専門学校

クリエイターになるためにルートは色々とありますが、ゲームクリエイターを目指すなら専門学校を利用すると、その専門学校の講師の方が働くために必要な素養や基礎を教えてくれるので、一人前のクリエイターになる下地を作ることが出来ます。また、多くのゲームデザイナーやクリエイターの方が、それらのゲームの専門学校に通って勉強や実習を行い、プロの業界で働いています。ゲームクリエイターになりたいと決めたら、専門学校で学ぶのもオススメです。

専門学校で勉強することで人脈も作れる

ゲームクリエイターになるために専門学校で学習することは、素養を身に付けると言った目的以外にも、人脈を作るという意味で重要だったりします。専門学校で一緒に授業や講義を受けるクラスメイトは、同じ業界を目指している方たちばかりです。そこで人脈を作っておけば将来的に一緒に仕事をすることがあったり、仕事を紹介してもらえる可能性も高くなってきます。また、同じ夢を目指す人と話をすれば、クリエイターとしてのモチベーションも上がるのもメリットです。

就職でも有利になる専門学校

更に、ゲームの専門学校に入学をしてそこで勉強をすると、就職活動をするときに専門学校側が企業を紹介してくれます。専門学校の就職率は非常に高いところが多く、ゲームの専門学校でも多くの方が有名ゲームメーカーだったり、開発会社に就職をしています。ゲーム業界へ就職することも考えるならば、やはり専門学校へ通うのが無難な方法となってくるでしょう。現在高校生の方で、クリエイター志望の方はそんなゲームの専門学校の資料請求もしてみましょう。

ゲームクリエイターは国内外問わず人気の職業です。夢が決まっているなら、ゲームの専門学校に行くのが一番の近道でしょう。